希死念慮

希死念慮

統合失調症と無価値感

僕が統合失調症になったのは、1996年。 今と比べると偏見は強く、一生病院で暮らすのだと思ったし、自分の価値どころか希望を全て失ってしまった。 自信のなさや無価値感がある方も多いのは想像に難くない。 でも、ただ生きているだけで僕ら...
タイトルとURLをコピーしました