⏰ 生活リズム

睡眠障害(過眠・不眠)

睡眠障害と気分の相関は分かりにくい

長い間過眠傾向にあって40歳を過ぎても、寝ようと思えば24時間でも眠れていたから、不眠傾向になるとは思いもしなかった。 齢50になる前、睡眠時間が急に減った時期に、診察でそのことを主治医に相談した。 hoshu 睡眠があまり取れなくて日中も...
起床時間

起床後はエンジンが暖まるまで待つ🕐

長い間、起床後は低調だった。たまには好調の時もあるが、どんなに前日好調でも基本的に朝は低調になってしまう。統合失調症になりたての頃は、朝は絶望な気分で目覚め、夕方になるまで回復せずダラダラとネットサーフィンをしたりマンガを読んだりして、日が...
好不調の波

諸行無常・生生流転:すべては移ろいゆく

Einstein 若い頃には自分が年老いて、やがて亡くなるというのは想像出来なかった。 人類最高の天才と称されるアインシュタインですら、若い頃は自分が亡くなること、諸行無常・生生流転についてピンときていなかったということだ。僕も若い時期は健...
統合失調症と食事

食欲不振:極限状態で食べられる人の方が強い👊

マラソンの高橋尚子は、小出監督から「ものが違う」と言わていた。 まず、食事の量が違ったそうだ。疲労困憊で食欲が無くなる選手もいる中、彼女は美味しそうにたくさん食事をして、その分たくさんの練習が出来た。 大谷翔平も食べることが好きで、高校時代...
💤 睡眠障害と改善

統合失調症の回復には睡眠が1番大切といって過言ではない

統合失調症から理想的に回復するためには、良質な睡眠が1番重要だう。 陰性症状が酷いときには、ただただ長い時間眠ることしか出来なくて、睡眠の質は全く考えずに、背中が床ずれして褥瘡になるぐらい眠っていたことがある。 しかし、睡眠に関しては努力し...
統合失調症と自己管理

思い立ったが吉日:「何となく」思ったときには行動してみよう🏃

きっかけを大切に manablogやTwitterなどで有名だったマナブさんの「億を稼ぐ積み上げ力」の中に、意識が変わったきっかけについて触れてある。 「このままじゃ、さすがにヤバい」そう感じた僕は、行動を開始しました。 僕も自己管理を始め...
忙しすぎるとき

無意識に調整している右脳的な直感を信じる

結婚式のプロモーションビデオを頼まれていた時期がある。 一生に1度のことで要求も高くなるし〆切もタイトとだから、最初はかなりストレスを感じながらやっていた。 hoshu 時間が足りない❗❗ 無理してでもやらなくちゃ💦 初期の頃はそうやって、...
統合失調症と自己管理

人生で1番重要な仕事とは?「一に睡眠、二に食事」

自分にとって1番重要な仕事とは?と聞かれたら、「仕事=志事」と考える人もいるように、自分が志した何かを実現するための仕事と答える人も多いのではないだろうか? 例えば僕はお寺に生まれて、家では「一に掃除・二に掃除・三四がなくて、五に掃除」と厳...
継続は力なり!

10の課題をこなす仕事量は?

小学校の頃の理科の時間に学んだことがある。 教師 2つの椅子があったとします。それを体育館へ運ぶときに、1つずつ運ぶか?2つ一緒に運ぶか?どちらが仕事量は多いでしょう? hoshu そりゃ、重たい物を持つ方がエネルギー使うし、仕事量は多いで...
睡眠薬の種類

フルニトラゼパム(ロヒプノール・サイレース)

緑内障で眼科に掛かっている方は必ず医師にお知らせ下さい。アルコールを含む飲料水は薬の作用を強くしますので避けて下さい。翌朝以降に、眠気、注意力・集中力・反射運動脳力などの低下が起こることがありますので、車などの運転には注意して下さい。この薬...
統合失調症と睡眠薬

睡眠薬飲んで眠れるなら、その方が好いんじゃない?

長い間、睡眠薬に対しては不信感があた。例えばベンゾジアゼピン系の睡眠薬は違法薬物として禁止されている国もある。それほど危険な薬を簡単に飲んではいけないのではないか?と、出来るだけ飲まないで可能なら断薬して生活出来ないかと、様々なサプリメント...
継続は力なり!

「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」自分なりのパターンを把握しよう

孫子 彼を知り己を知れば百戦殆うからず。 生活リズムを整えるにしても、仕事をするにしても、自分のパターンを把握すれば、より少ないストレスで、楽しみながら活動と継続が出来るようになる。   自分なりのリズムを把握する 調子の波が大きすぎるとき...
好不調の波

調子の波はやがて穏やかになる:自分のリズムを把握しよう

発病初期は、調子の波が大きすぎてかなり翻弄された。そういうことを主治医に相談すると、 主治医 調子の波は誰でもあるけどね。 とは言われたが、その波が大きすぎて毎日ジェットコースターのよう。 回復期は、朝は絶望とともに目覚め、日中は何も出来ず...
統合失調症と自己管理

年齢と共に右肩下がり⤵ 向上から維持へ

ウィーンに住んでいた頃、隣に100歳のおばあさんが住んでいた。頭もしっかりしていて、近所のスーパーに1人で歩いて買いものに行けるぐらい元気だった。 歳を取ったら、まず足が動かなくなると思ってね。 30代の頃から朝晩30回スクワットを始めて、...
統合失調症と入浴

風呂キャンセル界隈:ストレスなら入らなくても好いんじゃ❓

陽性症状の後は、本当に酷い陰性症状で何も出来なくて、眠ることしか出来なかった。 入浴も1週間に1度とかになっていた。 それが次第に回復すると、最低限のことはしようと鉛のように重たい身体を無理矢理動かして毎日入浴していた。 当時は毎日入るのが...
ストレス

睡眠障害の改善はストレスを減らすことが王道!

長い間、睡眠障害に苦しんでいる。 22歳で発症してから40歳を過ぎるまでは過眠傾向が酷かった。 その時期が過ぎると、不眠と過眠を繰り返すような状態。 今でも普通の人のように規則正しく、朝起きて夜寝るということが相当に困難💦 頭が非常に疲れや...
統合失調症と食事

料理してる人は回復が早い

ピーマンの肉詰めに挑戦🔥 には、グルメグループがある。 美味しい外食を載せたり、作った料理の写真やレシピを共有したり。 それにも触発されたり、TiktokやYoutubeでプロのレシピも簡単に真似できる素晴らしい時代になって、最近は僕も料理...
リフレッシュ

休むのも仕事のうち:全体の効率を上げる!

焦りがあったり、統合失調症にありがちな過集中のせいであったり、何かをしようと思うと寝食を忘れるほどに仕事に集中してしまうこともある。 感性的な脳力が必要とされる場合では、そのやり方でやると、神が降りてきて自分の身体を動かしているような感覚に...
集中力低下と過集中

過集中のコントロールと生活リズム

過集中と陰性症状のループ 僕の場合は過集中がある。 ブレーキが効かず、脳が限界を超えるまで頑張って、オーバーヒートして陰性症状になるというパターンばかり💦 過集中をコントロールする ということは、過集中を上手にコントロールすれば陰性症状には...
好不調の波

低調な時期の過ごし方:超一流はスランプの時期が短い

誰にだって、スランプや低調な時期というのはある。 高いレベルで練習や自己管理しているプロでさえ、スランプに悩まされる時期はある。 ただ超一流になるとスランプの時期が短いそうだ。 自分なりのスランプ脱出法を見つける 「こうすれば確実にスランプ...
タイトルとURLをコピーしました