統合失調症の概念と診断

統合失調症の概念と診断

統合失調症とは?精神機能のネットワークがうまく働かなくなる状態

喜びや怒り、悲しみ、楽しみといったさまざまな感情がある。 また、「人間は考える葦である」という言葉があるように、常に思考している。 こうした感情や思考は、脳内の精神機能のネットワークを使って行われている。 統合失調症とは? ところが、何ら...
2019.01.09
統合失調症の概念と診断

統合失調症の主な3つの病形 破瓜型 緊張型 妄想型

統合失調症は、症状の現れ方や経過などから、解体型(破瓜型)、緊張型、妄想型の3タイプに大別される。 ただし、これらに分類できないタイプも数多くあることから、統合失調症は単一の病気ではなく、複数の病気の集まりではないかとも考えられている。 ...
2019.01.09
統合失調症の概念と診断

統合失調症とは?統合失調症の概念と診断

統合失調症の概念は医者の数だけあるという言葉を聞いたことがある。 未だにその原因すら解明されていない。 しかし、最近の精神医学の進歩で新しい見識が集められ、統合失調症の姿はかなり明らかになってきている。 世界各国で行われた調査によると...
加齢が優位に働く

統合失調症は加齢が優位に働く希有な疾病

統合失調症ではなくとも、年齢を重ねると肉体的に様々な変容がある。 今まで能力も体力も右肩上がりだったのが、ある時点から衰えを感じるようになったり。 多くの人はそれを老化と考えて、諦めてしまうだろう。 でも、それを「変化」であり「進化」...
統合失調症の概念と診断

統合失調症感情障害とは統合失調症に双極性障害もある場合

統合失調感情障害は、要は統合失調症に躁鬱の波が合わさったもの。 統合失調症で、双極性障害もある場合、二つ病名をつけるのではなく、統合失調感情障害と呼ぶ。 統合失調症になると気分の波が大きいから、双極性障害のようになり、好調な時は神になっ...