スマートウォッチ FitBit Charge 4:睡眠モニターが秀逸!医療機器レベル!?

今まで、睡眠モニターをするためにスマートウォッチ Xiaomi Mi Bandを使っていた。

が、家が広すぎのか、どっか抜けているのか2つも無くしてしまった😅

時計はそんなになくなるものじゃないのに💦

それで、色々調べて、より詳細な睡眠モニターが出来るFitBit Charge 3を買い、2020年4月にFitBit Charge 4が出たのでバージョンアップしてみた。

FitBit Charge 3の設定

初期設定にちょっとだけ戸惑った

初期設定しようと思ったら、まずファームウェアのアップデートで半日ぐらい掛かってしまった

FitBit Charge 3はより高機能で設定がちょっと複雑で、最初は戸惑った。

でも、それは最初だけ。

設定が終わって慣れてくると、大丈夫!

FitBit Charge 3にして好かったな!

睡眠モニターの精度が高い!

スマートウォッチ Xiaomi Mi Bandを使っていた頃はそこそこ満足していたけど、FitBit Charge 3を使うようになったら、もう後戻りは出来ない。

自分の感覚と睡眠の質がピッタリと合う。

比べてみると分かるけど、FitBit Charge 3は医療機器に近いレベルで睡眠の質を計測できるみたい。

昼寝もモニター出来る

スマートウォッチ Xiaomi Mi Bandは、昼寝はモニター出来ない。

それが不満の1つだったけど、FitBit Charge 3は昼寝の時間もモニター出来るので嬉しい🤩

ただし、3時間未満の睡眠では、正確なモニターは出来ないけど、3時間未満の睡眠ってあまりないから、不満はない。

睡眠中は通知が自動的に切れる

初期設定では睡眠中はFitBit Charge 3の初期徹底で通知は切れるようになっている。

スマートウォッチ Xiaomi Mi Bandでは、眠っている間に通知が来て目が覚めることも多かったけど、それがなくなったのはいい🎵

※ 眠っている間も通知が来るようにも出来ます!

モニターが大きい分情報量が多い

統合失調症Lineグループ「すきゾ!」 を運営しているから、頻繁にLine通知が来る。

スマートウォッチ Xiaomi Mi Bandでも通知は来て内容も観れるのだけど、画面のモニターが小さく情報量が少なくしかもスマートウォッチを触らないと確認できない。

FitBit Charge 3は通知が来たら、時計が見える位置に腕をくるっと回すとディスプレイがオンになって簡単に確認出来る。

しかも、通知領域が大きいから、スマートウォッチ Xiaomi Mi Bandより読みやすくストレスが少ない。

FitBit Charge 3 こうなれば好いのに!

充電が1週間しかもたないこと

スマートウォッチ Xiaomi Mi Bandは20日のバッテリーライフがあって、充電しないと動かないということを忘れるほどだった。

hoshu
hoshu

こんなに充電しなくても大丈夫なの?

と、感じるほどに。

でも、慣れてくるとそこまで不満はない。バッテリーが少なくなったときは、お風呂に入っている間に充電器に繋ぐとフル充電されるからストレスはない。

大きい分装着感がある

スマートウォッチ Xiaomi Mi Bandは小さく軽く、装着しているのを忘れるぐらい。

だから好くなくすのかもね(笑)

ただ、慣れるとそれほど気になることはなくなった。

価格が高い

スマートウォッチ Xiaomi Mi Bandは3000円台で買えるが、FitBit Charge 4は2万円近くしてしまう。

でも、健康を守るためと思えば、それほど高い投資でもないからオススメ🎵

FitBit Charge 4 に変えてから

FitBit Charge 3のデータを引き継げるから、今までの記録が残っている。

FitBit Charge 4は、Spotifyと連動できたりと、機能がいくつか追加されている。

 

でも、自分は睡眠モニターが1番の目的だから、新しい機能はあまり使ってない💦

ただ、画面が洗練されてより見やすくなって、細かい点が使いやすくなっている。

スマートウォッチ関連リンク

睡眠に問題がある方は、睡眠モニター出来るスマートウォッチを使って、睡眠リズムを整える一助として欲しいな🎵

\睡眠に悩んでいる人や生活リズムを整えたい人におすすめ!/

 スマートウォッチの記事