ライフワーク

望まないことをしていると病状も悪化しがち

望まないことをしているときは、病状も悪化しがちだし、気付かないうちに心の奥に疲労がドンドンと重なって、いつまで経っても気分が好転することはない。   僕は入院歴が3回あるが、今考えると、心が本当に望んでいないことをしていたというの...
🧤看護する方へ

突き詰めて考えると自分が持たない

半世紀にわたり死刑囚と対話を重ね、死刑執行に立ち会い続けた教誨師・渡邉普相のドキュメンタリー「教誨師」堀川惠子著を読んでいる。 教誨(きょうかい)とは、矯正施設において収容者・受刑者の徳性の育成や精神的救済を目的として行われる活動...
はじめに

ジェネリック(後発)医薬品とは?

先発品は、膨大な時間と研究を費やして作られるので、お金がかかり、薬価代も高い。 通常なら会社の利益のために、トップシークレットになるところだが、医療に関しては、数年たったら公にして、様々な機関が研究したりする事で、より発展するように...
目標とモチベーション

興味の対象が変わるとき

年齢を重ねると興味の対象や面白いと思うことが変わることがある。 主治医は年齢によって楽しいことやモチベーションも変化すると言っていた。 今、状況が大きく変わっている時期で、正にそれを実感している。   僕がブログを書き始めたのは...
自信・自己肯定感

簡単って思った瞬間に実際に簡単になる

「心理的なゆとりは、時間的なゆとりに繋がる」という記事を書いた。 目の前にある状況は同じでも、意識が変わると、その後の現実が驚くべき勢いで変わっていくことを実感している。 今、難しいと感じていることも、簡単だと思えばその瞬間に簡単...
人と繋がろう!

感情は白黒で決まらない

作家の遠藤周作さんが自身の著書が大学入試の現代国語に採用されたときの話。 その問題を遠藤さんも解いてみた。 ある文章に傍線が引いてあり「この時、主人公はどう感じたか、次の4つの中から答えよ」という問いがあった。 答え合わせをしたら...
目標とモチベーション

方向性を見失っているときには、心を静めること

最近ブログに関しては方向性を見失っている。 が100名を超えて、管理が大変になってきていること。 統合失調症に関するブログはポジティブなものが増えてきたこと。 障害基礎年金の受給が決まって金銭的にゆとりが出てきたこと。 これら...
🧤看護する方へ

親孝行

多くの人は親がお墓に入ってから親孝行をしている。親が元気なうちに本当の親孝行をしましょう。本当の親孝行とは感謝の気持ちを直接伝えることです。 「孝行したいときに親はなし」という。 親には相当心配を掛けてしまった。 国立大学に受...
統合失調症と抗精神病薬

セレネース(ハロペリドール)

脳内の神経伝達物質(ドパミンなど)の働きを整えることにより、強い不安や緊張感をやわらげ、気分を安定させる。 また、抑えることのできない興奮状態や行動を抑える。 通常、統合失調症、躁病の治療に用いられる。 セレネース(ハロペリドー...
🔰 はじめに

はじめに:僕らが創る世界が、すきゾ!

2012年から始めたブログ「統合失調症は治る病気です。」は古いシステムを使っていた。 パソコン用に最適化されているから、携帯やタブレットで観にくい👀 良い機会だし、新たに 「僕らが創る世界が、すきゾ!」を作成することにしてみた。 「...
タイトルとURLをコピーしました