頭がまとまらないとき

統合失調症という繊細な「才能」を持っていると、処理しないといけない情報が多くなるから、スッキリと頭がまとめることが難しいこともある。

そういうときには、スッキリするまで出来るだけ刺激を避けて、のんびりすることだ。

睡眠に逃避

あまりも頭がまとまらないときには、睡眠に逃避するしかない。

のんびりと待つのが最良!

睡眠に逃避する必要がなくなったら、ぼーっとしてのんびりと頭がまとまるのを待とう。

将棋の羽生善治も「将棋を考えずに、公園でぼーっとしている時間が大切」と言っていた。

そのうちに頭がまとまると、より積極的に活動出来るようになる。

整理整頓・情報の取捨選択

物理的に整理整頓をすると、頭も同じようにまとまるという。

頭がまとまっていない人の部屋は乱雑に散らかっている場合が多い。

散歩

「歩く」というのは、頭をスッキリするために1番効果的だと聞いたことがある。

頭がまとまらないときは、考えすぎていることが原因のことが多い。

「頭をまとめよう!」と考えるよりも、散歩をすることで頭を空っぽにして、バックグラウンドで脳の回路が構築されるのを待つイメージだ。

 

ただ、これは陰性症状が酷い状態では、「歩こう!」という意欲が湧かないだろう。

そのときには睡眠に逃避して、やがて調子が好くなったら、散歩することを考えると、頭をまとめるだけではなく、様々な面で急速に好転していく。