スマートウォッチ Xiaomi Mi Band で睡眠と運動をモニター!

Xiaomi Mi band 3

兄からスマートウォッチ Xiaomi Mi Band 2というのをもらった。

兄が気に入って、母と子どもにプレゼントしたが、子どもは興味を示さずに僕のところにやってきた。

それまでスマートウォッチに全く興味がなく、携帯の着信が手元で分かるもので一種のファッションでしょ?ぐらいの理解だったが、Xiaomi Mi Band 2は電話やLineの着信が分かるだけでなく、心拍数が分かったり、万歩計になったり、更には睡眠モニターになったりと機能豊富だ。

感動して、次期バージョンの Mi Band 3も買ってしまった!!

便利!

これはもう手放せない!!

3,000円代で買える廉価版のスマートウォッチでここまで出来るとは時代の移り変わりの速さを感じる・・・。

しかも創ったのは中国のメーカー!

時代は変わったのだなぁ・・・。

睡眠モニターで睡眠管理!

Xiaomi Mi Band をこれからも使い続けるだろうなと思ったのは睡眠モニターの機能。

心拍数と動きで睡眠をモニターし、睡眠時間と眠りの深さを視覚的に表示してくれる。

スマホでも睡眠管理アプリはあるが、精度の点ではMi Bandには劣る。

入眠時間と起床時間が分かるのはもちろん、深い眠りがどの時間帯にどれぐらいかというのが正に目に見えて分かる!

ちょうど生活リズムを整えるというのが最近の目標だったから、最高のデバイスが、最高のタイミングで僕の元にやってきた。

3週間ほど付けているが、睡眠に関する意識が高まり、体調管理にとても役立っている。

過眠傾向の時期の睡眠管理や、生活リズムを整えることが目標とするのだったら、この睡眠モニターはかなり大きな力になると思う!

というか、これ無しでは、ここまで回復しなかったと思うし、もっと若い頃にこのスマートウォッチがあれば、もっと楽に回復出来たのになぁ・・・と残念に思うぐらいだ。

睡眠モニターの感想

LineグループでもXiaomi Mi Band が流行している。

特に当事者の母に人気があって、当事者の睡眠データ、自身の睡眠データをアップしてくれ、改善点と対策を報告し合っている。

僕自身、睡眠がデータになって表れるのが面白く、どうすれば最良の睡眠を取れるのだろうと試行錯誤して、最近は理想に近い睡眠を取れるようになってきた。

睡眠の質が良いと肉体的にも精神的にも充実する。

これほど睡眠と健全な心身が密接に関係しているとは予想以上のことだ。

 

自分の肉体を使ったゲームをプレイしているみたいで楽しい。

理想に近い睡眠を取れる日を段々と多くしていって、やがては睡眠薬無しで眠れるようになりたいな!

万歩計

Xiaomi Mi Band は万歩計にもなり、1日のデータはもちろん、1週間の平均データ、1ヶ月の平均データもスマホで管理出来る。

おすすすめする理由

中国製だが設定しなくても日本語で使える

中国製なのが少し気になっていて・・・

日本語にアップロードするのは難しいですか?

との質問があったけど、何もしなくても日本語で使用することが出来る。

主張しないところ

スマートウォッチというと大げさにスマートウォッチ付けてますよ!と主張するみたいでファッションとしては嫌いだった。

でも、Xiaomi Mi Band は小さいしバンドの色は好きな色が選べてブレスレット感覚で付けられるし、自分がスマートウォッチだとあまり主張しないデザインが好きだ。

小さく軽いのでずっと付けていても違和感を感じないこともいい (*^-^*)

夏の屋外で汗をかく場面ではさすがに外すけど (^_^;

電話やLineの着信 + 内容まで!!

100人を越える規模の統合失調症当事者Lineグループ「すきゾ!」 を運営している。

毎日のように何か相談やトラブルがあって、今までは常に携帯のLine着信音に気を配らなければならなかったが、Xiaomi Mi Band を使っていると着信音が聞こえない場所にいても通知を逃すことがなく、素早い対応が出来るようになってストレスは減った。

しかも、Mi Band 3は小さい画面に通知の内容まで表示できるから、更に便利!

運転中に携帯電話をカバンに入れていても、手首の振動で着信が分かるから着信を逃すこともなくなった。

どのアプリの通知を知らせるかを選べるのも便利!

音の鳴らない目覚まし!

僧侶の修行では雑魚寝をすることが多く、人よりちょっとだけ早く起きて歯磨きしてタバコゆっくり吸うことにしている。

そのときには、スマホの目覚ましを小音量で鳴らして誰も目覚めないように鳴ったらすぐに切る意識で戦々恐々としていたのか、ぐっすり眠る感覚がなかった。

Xiaomi Mi Band の目覚まし機能を使うと、音で知らせるのではなく振動で知らせるから誰の迷惑にもならない。

これも何気にお気に入りな点だ。

バッテリーが20日もつ

Xiaomi Mi Bandはバッテリー駆動だが、20日は持つので頻繁にバッテリーの心配をしなくて好いのが嬉しい。

ちょっと不満な点

ずっとXiaomi Mi bandを使っていたが、紛失したこともあって、スマートウォッチ FitBit Charge 3にバージョンアップしてみた😀

Mi Bandの睡眠モニターは目安程度

画像を比較してもらえば一目瞭然だが、Mi bandはあくまで目安程度の睡眠モニターなのに対し、 スマートウォッチ FitBit Charge 3 は医療機器レベルの睡眠モニターが出来て、起きたときの睡眠の質と感覚はピッタリと一致する。

昼寝がモニターできない

生活リズムがまだ整っていないから、昼に眠ることがある。

Mi bandを付けて昼寝してもモニター出来ない。

Mi bandではもの足りなく感じる人は、 スマートウォッチ FitBit Charge 3 の購入も考えると好いかもしれない。

統合失調症に関わらず、健康のためには、睡眠と運動は大きな割合を占める。
スマートウォッチを使用することによって、睡眠に関しても運動に関しても目に見えるデータになるから、意識を容易に高められる。
実際僕もXiaomi Mi Band を使い始めて体調はかなり好くなった。
しかも3000円台で買える

スマートウォッチ Xiaomi Mi Band で睡眠と運動をモニター!
Xiaomi Mi band 3兄からスマートウォッチ Xiaomi Mi Band 2というのをもらった。兄が気に入って、母と子どもにプレゼントしたが、子どもは興味を示さずに僕のところにやってきた。それまでスマートウォッチに全...