スポンサーリンク

統合失調症は加齢が優位に働く希有な疾病

統合失調症ではなくとも、年齢を重ねると肉体的に様々な変容がある。

今まで能力も体力も右肩上がりだったのが、ある時点から衰えを感じるようになったり。

多くの人はそれを老化と考えて、諦めてしまうだろう。

でも、それを「変化」であり「進化」と捉えると、結果は全く違ったものとなる。

統合失調症は加齢が優位に働く希有な疾病

統合失調症は加齢が優位に働く希有な疾病だという。

ハッキリとした原因は不明だそうだけど、統合失調症は脳が過剰に働くある種の「才能」で、経験により脳内回路がスッキリと洗練されるというのも理由の1つだろう。

また、過剰に働く脳をコントロールする、ストレスのない生活リズムや意識を身に付けることが出来るようになるからだと思う。

「若さ」を求めない

「若さ」というのは魅力的だと多くの人が考えていると思う。

年齢を重ねると、「若さ」を取り戻したいと思うことがあるかもしれない。

しかし、若いときに出来なかったことでも、今なら出来ることっていっぱいあると思う。

年を取ると言うことは、変化であり、進化だ。

今の自分に自信を持とう!

老化ではなく「変化」「進化」と捉える

肉体の変化を「老化」と考えてしまうと、実際にそうなってしまい、更なる「老化現象」が生まれやすい。

そうではなくて、加齢と共に心が磨かれて肉体がより精密になり、繊細な心の問題が身体的な不調となって表現されやすくなると捉えよう。

そう考えると、一時状態が悪くなったとしても、以前の状態以上になりやすい。

コメント