統合失調症はある時点から好循環の波に入る

成功曲線というものがある。

成功するイメージというのは、目標達成するまで右肩上がりだけど、実際は初期ではほとんど変化のない時期があり、ある時点から劇的な上昇を生む。

 

統合失調症からの回復も、この形に似ている。

初期の頃は、回復の兆しが見えず、自暴自棄になったり、回復を諦めたりもしがちになったりもする。

 

でも、ある時点から状況は好転して、すべてが上手く行くような好循環の波に入ることが出来る。

まるで翼が生えたかのように!!

人によってその長さは違うだろうけど、その瞬間までガマンできるかどうかが重要となる。

土台をしっかり創ったピラミッドが盤石なものであるように、辛い時期は基盤をコツコツ創り上げている時期と捉えよう!

やがて夜は明ける!