仕事

集中力低下と過集中・過緊張

常識にとらわれずに、自分なりのやり方を洗練していこう!

僕は子どもの頃から、興味のあることには相当の集中力があった。   自分では記憶のない幼い頃だが、草刈りバサミで庭の草を刈るのが面白くて、お寺の広い境内でずっと草を刈っていた。 そして、母に、 hoshu 腕が痛くて動かな...
ライフワーク

ライフワーク:時間を忘れるほど夢中になれること

ライフワークは何だろう? と、現在進行形で、暗中模索している方もいるかもしれない。 自分にとってのライフワークは何か?   そう考えるときに、僕はこのように思っている。 ポジティブな動機で始めたこと。 時間を忘れる...
忙しすぎるとき

1人で抱え込む必要はない:任せられる部分は任せよう

統合失調症などの精神疾患を患っている人は、孤独になり、1人ですべてを抱え込む傾向があるように感じる。 僕の場合は、それに加えて祖父の影響から来ているようだ。 祖父は人にお願いすることはほとんどなく、無言で自分の力で何でもやっていた。...
2020.01.03
したいことに心を向ける

したい順にやっていけば効率が良い

自己啓発の本などには頻繁に「やることをリストに書き出して、重要度を決めて、重要な順にやること」という実践的なアドバイスがある。 確かに、それは効率が良いかもしれないけど、朝起きて、いくら重要だからといってやりたくないことをし続けて...
統合失調症と社会復帰

段階的にステップアップ!いきなり仕事に復帰すると失敗しがち

退院してしばらくは眠る以外何も出来なかった。 そのときに、「このままじゃいかん!どうにかしなきゃ!」と1日5時間のバイトを始めた。 ほぼ寝たきりの状態から仕事を始めたので、辛い心と身体に鞭打ってがんばっていたが、1年ほどしか続かなか...
2019.05.15
生活リズムを整える段階

効果的に休むのも仕事のうち:全体の効率を上げる!

焦りがあったり、統合失調症にありがちな過集中のせいであったり、何かをしようと思うと寝食を忘れるほどに仕事に集中してしまうこともある。 感性的な脳力が必要とされる場合では、そのやり方でやると、神が降りてきて自分の身体を動かしているような...