統合失調症

統合失調症の芸能人・有名人

統合失調症の到達点は、スッキリした脳内回路のまとまりではなかろうか?

appleコンピューターを創ったスティーブジョブズは、普通の人なら観ることのないコンピューター内部の回線についても洗練されたものじゃないといけないと考えていたそうだ。 そんなの誰が観るんですか(笑) という従業員の失...
2020.06.15
リラックスと休憩

疲労や睡眠不足で判断力や集中力が落ちる

疲労や睡眠不足で判断力や集中力が落ちることがある。 僕は、疲労や睡眠不足になると、脳が興奮するのか、全く眠りたくなくなる。 hoshu このままずっと起きてても大丈夫だ! キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!! ...
2020.06.03
ブログについて

理想的な状況になりつつある

2012年からブログを始めた。 統合失調症という絶望をなくす 統合失調症に対する偏見をなくす 統合失調症という「才能」を活かせる社会にする この順番で、社会を少しでも変えられたらという密かな想いでブログを書き続けてきた。 統合...
統合失調症 薬の副作用

向精神薬の危険性:重篤な副作用

統合失調症の本を読むと、大概は、 抗精神病薬を止めると統合失調症の再発率が5倍になり、1年間で78%2年間で98%が再発します。きちんとした服薬が大切です。 と、いうようなことが書いてある。   しかし、向精神薬に対する重篤な...
2020.05.29
ナイアシン(ビタミンB3)

統合失調症で目指すべきナイアシン・ビタミンCの摂取量など

1.高タンパク・低糖質食+プロテイン+鉄 統合失調症は糖害 統合失調症は「糖害」なので、可能な限り糖質を減らすことが最も重要。砂糖(お菓子、ジュース)は直ちに止める。 米、小麦(パン、麺)も可能な限り減らす。 糖質制限...
2020.05.29
ナイアシン(ビタミンB3)

統合失調症にはナイアシン(ビタミンB3)が効果的!

心の病気は脳の病気と考えられており、脳の病気には、脳の栄養状態をバランス良く保つことが最も重要だとされている。 最近では、食事療法や栄養療法、サプリメント療法がとても注目されている。 ナイアシンを始めたきっかけ 僕がナイアシンを知ったのは、...
2020.05.27
継続は力なり!

統合失調症はある時点から好循環の波に入る

成功曲線というものがある。 成功するイメージというのは、目標達成するまで右肩上がりだけど、実際は初期ではほとんど変化のない時期があり、ある時点から劇的な上昇を生む。   統合失調症からの回復も、この形に似ている。 初期の頃は、回復の兆しが...
2020.05.27
おすすめの本・ブログ

統合失調症 おすすめの本 ランキング

僕が統合失調症を発症した22年前は、精神分裂病と呼ばれていて、今に比べると偏見が強い時代で、精神分裂病に関する書籍というのは今のように多くなかった。 最近は統合失調症に関する本が数多く出版されている。 以下、統合失調症おすすめの本 ...
2020.05.27
ストレス

本来の人間らしい生き方を提案する立場

統合失調症は非常に繊細で、ちょっとしたことにも大きなストレスを感じてしまいやすい。 だから、普通の人と同じような生活はなかなかに厳しいこともある。 海外のアートフィールド 僕は海外のアートフィールドで4年ほど活動していた。 ...
2020.05.21
伊藤園「ビタミン野菜」

病的な不安感の対極にある絶対的な安心感

統合失調症になると、大震災を被災したときに感じる以上の病的な不安感が常にある方もいると聞いたことがある。 実際にを運営していると、不安感の強い方は、普通の人では問題にならないちょっとしたことでも、過剰に病的に不安になっている方もい...
2020.05.21