過緊張・過集中

過緊張・過集中

基本的に人は緊張する生きものだから

僕は子供の頃は緊張という感覚があまり分からなかった。 物心付いたときから、法要では何十人の参詣者のある本堂で、お手伝いでとして、お経を唱えていた経験があるからだろうか?   それが本格的に僧侶の修行するようになって、ピリピリした雰...
2022.03.18
コンディション

ある程度気を張っていた方がいい

祖父は98歳で亡くなった。 幼い頃からその背中を見てきて、明らかに老けたなと思ったことが2度ある。 1度目は隣に家を建てて隠居したとき。 今まで自分の力でお寺を護ってきた負担が減って、気が抜けたのだと思う。 2度目は祖母が亡くなっ...
2021.12.20
過緊張・過集中

フッと力を抜く感覚が分かった

僧侶という仕事は、普通の仕事よりも、精神的に厳しい場面が多いように思う。 何百人の前で法要を務めたり、葬儀の導師をしたり、その人たちの前でお話をしたりと。 特に、他のお寺のお手伝いに行くときには、帰ってきてから、自分でも驚くぐらい...
タイトルとURLをコピーしました