ピアノの調律 適切なメンテナンスで何百年も持つ!

4歳になる姪っ子がピアノを習い始めたから、ピアノの調律に来てもらった。

記録を見ると35年前に調律してその後放置。

ピアノの内部にネズミが巣を作ってピアノのパーツを食い散らかしていた。

見積もりをしてもらうと、修理と調律で8万掛かるそうだ。

予想以上に高かったけど、「子供のためだから」とお願いした。

ネズミにかじられボロボロ😅

ピアノはきちんとメンテナンスしていれば100年でも200年でも持つそうだ。

それは、僕ら肉体でも同じこと。

特に統合失調症では、普通の人よりも繊細なメンテナンスが必要となるグランドピアノようなもの。

適切な自己管理とメンテナンスをしていれば、長い間健康を保つことが出来る。

統合失調症になると、ちょっとしたことがストレスだから自己管理がついついおろそかになりがちだが、ある程度回復したら適切なメンテナンスを始めないといけない。

チェック

ピアノはきちんとメンテナンスすれば何百年も弾ける。
僕らの肉体も同じこと。適切なメンテナンスを心掛けよう!