孤独になるのが1番怖い

陽性症状のときも、陰性症状のときにも、孤独になってしまうと思考は変な方向に向かいがちだ。

孤独は出来るだけ避けた方が良い。

陽性症状のとき

僕が発症したのは、高校を卒業して、一人暮らしを始めたことも影響していると思う。

浪人して、予備校になじまず、一人部屋の中で勉強をしていた。

その頃から、少しずつ思考がおかしくなっていった。

人と関わらないから、どんなに変な思考をしても、それを正すことが出来ない。

陰性症状のとき

昨年入院してしまったが、自分で作ったLINEグループに助けられた。

自分だけが苦しんじゃないんだという感情を共有出来る安心感があるし、客観的な冷静な視点でアドバイスを貰えたりもする。

 

陰性症状のときは、悶々とネガティブに考えてしまいがちだが、LINEグループで繋がっていると、皆ががんばっているのが励みになる。

また、オフ会もあるので、リハビリの一環としてそれに参加しようという意欲も湧いてきた。

とはいえ、陰性症状のときには、人と会いたい気分も失われるだろうから、そういう人は是非LINEグループに参加することを考えて欲しい。

LINEグループ家族会

LINEグループには当事者だけではなく、家族会もある。

絶望して入会される方も多いが、皆で励まし合い、情報を共有することで、前向きになる方も多い。

 

興味のある方は是非LINEグループに!