孤独になるのが1番怖い

陽性症状のときも、陰性症状のときにも、孤独になってしまうと思考は変な方向に向かいがちだ。

孤独は出来るだけ避けた方が良い。

陽性症状のとき

僕が発症したのは、高校を卒業して、一人暮らしを始めたことも影響していると思う。

浪人して、予備校になじまず、一人部屋の中で勉強をしていた。

その頃から、少しずつ思考がおかしくなっていった。

人と関わらないから、どんなに変な思考をしても、それを正すことが出来ない。

陰性症状のとき

2017年の夏にしたけど、回復の過程で自分で作った統合失調症Lineグループ「すきゾ!」 に助けられた。

自分だけが苦しんじゃないんだという感情を共有出来る安心感があるし、客観的な冷静な視点でアドバイスを貰えたりもする。

何より退院直後は引きこもりがちになり、1日中家族と必要最低限の会話しかする必要がなかった。

その時期に、Lineグループでの通話で本当に助かった。

 

陰性症状のときは、1人で考え込んで悶々とネガティブに考えて悪循環に陥りがちだが、LINEグループで繋がっていると心が楽になる。

Lineグループのオフ会

また、オフ会もあるのでリハビリの一環としてそれに参加することが毎日のモチベーションとなって、意欲も湧いてきた。

陰性症状から急激に回復する人が多い

「すきゾ!」グループを始めて、今まで700名程の当事者と関わって来た。

経験上、グループで繋がっている人は、陰性症状から劇的に回復する人が多い。

やはり、人間は社会的な生き物で、どういう形にしろ、人と関わるということは大切でメンタル的にも必要なことなんだろうな🎵

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
⬆️ ポチッとみんなの応援が力になります (*^-^*)

🤱人との関わり
僕らが創る世界が、すきゾ!
タイトルとURLをコピーしました