ストレスはメンタルの疲れ:シンプルな考え方と生き方を

統合失調症の陰性症状では、3000m級の登山に例えられるような疲労感がある。

陰性症状と慢性的疲労感「3000m級の登山と同じ疲労」
陰性症状のときには、身体は鉛のように重く、心も全く動かず、長い時間起きていることが苦痛だから、睡眠に逃避して過眠傾向になりがちだ。統合失調症SST(Social Skills Training:社会生活技能訓練)の高森先生は『3000m...

その時期は、ほとんど活動は出来ずに、過眠傾向になりがちだ。

だからといって、肉体的に疲労している訳ではない。

経験でメンタルのストレスを避ける

過緊張や過集中

以前は、お手伝いにいったお寺の法要では、手や声が震える程に緊張していた。

それほど緊張すると、帰ってきたときの疲労感はハンパない。

 

何度もそういう場面を乗り越えて、あるとき、

hoshu
hoshu

あ、今日はあまり緊張しなかったな

という日が来た。

その日を境に、出張の疲労感というのはかなり軽減された。

経験で、メンタルのストレスを乗り越えたのだろう。

お酒の席

また、付き合いで、飲み会の席がある。

hoshu
hoshu

つまらないな・・・

と感じながら時間を過ごすと、疲労感は倍増する。

食事会は美味しいものが食べられるから好いけど、その後の2次会は楽しくないこともある。

それからは、自分の時間を削ってまで、ワクワクしない2次会は避けるようになった。

自分の命を削ってまで、面白くない飲み会に行く必要はない
昔は出張で出掛けた後の飲み会は面白かった。でも、今はそれほどでもないことも多くなった💦食事会は美味しいもの食べられるから好いけど、その後の2次会はつまらないこともある。hoshuでも、付き合いとかあるし、ここで抜...

イチロー:メンタルのストレスで疲れは決まる

イチロー
イチロー

肉体のストレスなんか大したことないんです。

要はメンタルのストレスで疲れは決まる。

陰性症状のときには、オーバーヒートした脳をクールダウンして、自己防衛的に刺激を避けているような体感がある。

その時期は、無理をせずに出来るだけ休むこと、脳に過剰なストレスの掛からない、シンプルな考え方と生き方を意識することだ。

自分にとってストレスのないシンプルな考え方と行動をしよう❗