自分なりのパターンを把握すればストレスが少ない

生活リズムを整えるにしても、仕事をするにしても、自分のパターンを把握しよう!

より少ないストレスで、楽しみながら活動と継続が出来るようになる。

自分なりのリズムを把握する

調子の波が大きすぎるときはに、なかなか自分のリズムを把握することは難しい。

でも、回復して安定してくると、自分なりのリズムというのが何となく分かってくる。

好不調の波に翻弄されるのではなく、リズムを把握して上手にサーフィンするように好不調の波に乗ってしまえばいい ( *’д’)bイイ!!

年間のリズム

夏になると急に睡眠時間が減って活動的になる。

そして無理をして秋に調子を崩して、入院したことが3回ある💦

3回も辛い思いをすると、自然と「夏は無理をしない!」と意識して、積極的に睡眠と休息を取り、美味しいものを食べて、出来るだけのんびりと過ごすようにしている。

1日のリズム

起床後2時間ぐらいは気分が重い。

その時間は何もしたくないから「1日の課題を済ませよう!」と思っても、無理をしながらしないといけないことになる。

嫌々やるとモチベーションは下がり、毎日継続することが難しくなる。

 

そういうときは、2時間ぐらい簡単な掃除や事務処理などをすることにしている。

そしたら自然と気分は回復してきて、目が覚めて、やる気スイッチがOnになるので、楽しみながら課題を済ませることが出来る。

楽しみながら課題を済ませると、モチベーションは上がって、継続も容易になる。

自分なりのリズムを把握して、好不調の波に上手に乗ろう!