加齢が優位に働く

スポンサーリンク
加齢が優位に働く

時間の流れる感覚がナチュラルになってきた

僕は長い間過眠傾向にあり、ちょっとしたことでも疲れてしまい睡眠に逃避するしかなかった。 でも、最近は生活リズムが乱れる程ではなくなってきた。   時間の流れが普通になってきたように感じている。 統合失調症は前頭前野の過剰な活動亢進...
加齢が優位に働く

統合失調症は加齢が優位に働く希有な疾病

統合失調症ではなくとも、年齢を重ねると肉体的に様々な変容がある。 今まで能力も体力も右肩上がりだったのが、ある時点から衰えを感じるようになったり。 多くの人はそれを老化と考えて、諦めてしまうだろう。 でも、それを「変化」であり「進化...
2019.10.07
加齢が優位に働く

経験と加齢で自己管理が上手になる

原因は不明だそうだけど、統合失調症は加齢が優位に働く希有な疾病だそうだ。 に参加されている人も、波はあるけど、全体的に回復傾向にある人が多い。   その1つとして自己管理が経験と加齢で上達するというのもあると思う。 若い頃は無理が...
加齢が優位に働く

陰性症状の回復は経験が助けてくれる

初発の後は、3年ほど陰性症状でほぼ何も出来ずに眠るしかない時期を過ごした。 hoshu このままずっと回復することはないのではないか・・・ というような焦りがあって、ちょっと動けるようになると、無理を重ねて回復が遅れ...
スポンサーリンク