起床後の低調なリズム:エンジンが暖まるまで待ってから活動しよう!

たまに朝からスッキリと起きられることもあるが、どんなに前日好調でも基本的に朝は低調になってしまう。

そのため好調な夜は眠りたくない気分が強くなって無理を重ねがちだが、朝は睡眠でいったん切ったエンジンを掛けて、暖まるまで時間が掛かるものだと、そのリズムを泰然自若に受け入れたら良い。

「早く何かしなきゃ!」「こんなんじゃダメだ!」「時間がもったいない」というような意識になると、それだけでもストレスへの感受性が高い僕らはダメージを受けてしまい、無理して行動するとエンジントラブルで気分が重くなったり活動停止してしまう恐れがある。

そのうちエンジンが暖まると、活動が出来るようになるから、それを待ってから動こう!

ポイント

エンジンが暖まるまで、泰然自若に待つこと!