鈍感力・がさつ力を身に付ける!過去に痛まない

ちょっとしたミスなど、過去の苦い記憶がいつまでも頭の片隅に残っていて、たまにふとそれが浮かび上がってしまうことがある。

性格もあるだろうが、統合失調症で繊細だから普通の人には問題にならないような小さなことが大きな問題となっているのかもしれない。

若い頃はそれが酷く、ちょっとしたことを思い出すとお腹の辺りが痛くなり、ベッドに15分ほど埋まらないといけないほどだった。

「気にするな」と言われても、本人にとってはその問題がとてつもなく大きな領域を占めるから、難しい。

でも、やがて経験を積んで何度も心の中で再体験することで癒やされ、「過去は変えられないからしょうがないか」と、「鈍感力」や「がさつ力」が自然と身につくのを待つしかないのかもしれない。

最近は、「あまり気にする必要はないか」と分かってきて楽にはなってきているよ。