スポンサーリンク

「とりあえず上手」になる

何かをしようと思うと、「出来るだけ完璧にしたい」「がんばって終わらせよう」などという意識があるのが普通だと思う。

それが高いモチベーションになれば良い結果も出るが、長い期間にわたり高い意識を保つことは難しい。

完璧主義的な意識はストレスの根源だからだ。

僕らは人間だから完璧なものってありえない。

1番避けなければならないのは、完璧主義的な意識が強くストレスとなって、「どうせ完璧にすることは無理だから」と活動が全く停止してしまうことだ。

「とりあえず上手」になろう!

そんなときには、意識を変える。

完璧に出来なくてもいいし、終わらせなくてもいいから「とりあえずやってみよう」と「とりあえず上手」になることだ。

「とりあえず」やってみると、案外と面白くなって、終わってみれば「こんなにも出来た!」ということが多くなったり、面白いアイデアがどんどんと浮かんで来たりもする。

それは意識がリラックスしているから自分の本来の能力を発揮しやすい。

完璧主義だと意識は常に緊張してストレスが大きいだ。

行き詰まったり、やる気がないときには、「とりあえず」やってみるというリラックスしたいしきで始めることを習慣にしよう。

そういうやり方をしていると、やがて何に関しても完璧主義的なストレスからは解放される。

ポチッとみんなの応援が力になります (*^-^*)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

脱!完璧主義
スポンサーリンク
僕らが創る世界が、すきゾ!