陰性症状からの回復:ありのままの自分を受け入れよう!

最近心理的に以前とは比べものにならないぐらいに好転している。

仕事など今まで感じていた面倒な気分をあまり感じなくなったこと。

常に睡眠に逃避していたいと感じていたのが、むしろ眠るのがもったいなくて、眠らずに心身の健全を保てれば好いなと思うようになったことなどだ。

ある種の諦めが陰性症状の回復に効果があるようだ

誰しもが「回復したい!」という強い想いを心に秘めている。

しかし、僕が今これほどまで回復した過程を考えてみるとある種の諦めが、劇的な回復を生むのではないかということに気付いた。

一生寝て暮らそう・・・

僕は22歳で発症して40歳を過ぎるまでずっと過眠傾向で苦しんできた。

常に意識は睡眠に逃避したいと思っていて、眠ろうと思えば20時間でも眠ることが出来ていた。

あるとき、上手く行かない現実に疲れ、「もういいや、俺には無理だったんだ。一生寝て暮らそう・・・」という自暴自棄な意識になってしまった。

2週間程はほんとに何もせず眠るしか出来なかったが、驚くことにその時期が終わると活力が湧いてきて、今まであんなに辛かった陰性症状もあまり感じずに段々と活動出来るようになってきた。

僕のブログ「統合失調症は治る病気です!」には、その時期のことも書いてあって、「頑張らないといけない」という自分には目からウロコでそのお陰で回復出来たとか、hoshuさんのいうように「休むことも仕事」と思って休んだら、短期間でビックリするほどに回復したという感謝のメールをたくさんいただいた。

僕にはもう無理だ・・・

43歳で3回目の入院をした後は、1年ほどかなり凹んでいた。

自分は能力があり、人には出来ないことが出来る!という根拠のない自信が完全に崩れ去った。

「あぁ単なる妄想だったんだ。もう僕には無理。年齢的にも衰える一方で希望もない・・・」と、気分はこれほど落ち込むのかというほどに落ち込んだ。

しかし、その状態でしばらく何もしないでいると、「面倒だと感じる気分」や「睡眠に逃避したい気分」がなくなって、今までには感じることがなかった穏やかな心境になって、次第に今まで感じていたストレスを感じることなしに楽に活動が出来るようになってきている。

ある種の理想的な心理状態なのかもしれないと感じる程だ。

心理的にありのままの自分を肯定する

向上心が邪魔をする

当事者は心の奥で強く望んでいる。

「今のままじゃだめだ!」

「向上しなきゃ!」

「追いつかなきゃ!」

「追い越さなきゃ!」

そういう気分は、ある視点から観ると「向上心」で回復の一助となると思われるかもしれない。

だが、それは実は「今の自分を強烈に自己否定している」ことに他ならない。

無意識に今の自分を否定しているのだから、そのネガティブなエネルギーは心身を蝕んで、回復は遅々として進まなくなってしまうどころか、状況はますます悪くなってしまいがちだ。

心理的にありのままの自分を肯定する

統合失調症になって回復の鍵の1つは「心理的にありのままの自分を肯定する」ということだろう。

眠って過ごす自分も、仕事が出来ない自分も、希望の見えない自分も、どんな自分であっても、大切でこの世に1人しかいないかけがえのない聖なる存在として肯定し、心の奥から自分を受け入れ、愛することだ。

生きてるだけで丸儲け。

たべてうんこして寝るだけの自分でもオッケー!

 

そのポジティブな態度からは、やはり結果はポジティブなものが生まれる。

逆説的で皮肉だが、完全に諦めたら欲しいものはすんなりと手に入るみたいだ(笑)