不安・焦り・恐怖:緊張するのは真剣になっている証拠

僧侶として研鑽していると、大きな法要の前には、自分でも驚くほど緊張し、不安や焦りや恐怖などを感じることも多い。

そういうときにどうすればいいか先輩に聞くと、

どれだけ経験を積んでもある程度は緊張する。

その緊張感がなくなったら終わりだよ。

と、言われたことがある。

 

松岡修造の「人生を強く生きる83の言葉」という本に、

「緊張してきた。よっしゃー!」という記事がある。

緊張するというのは、自分自身が本気になっている証拠。

何となく中途半端だったら、緊張しないはずです。

あるとき緊張感を保ちながらも、フッと力を抜くことが出来るようになるよ。

まぁ、若いうちはまだ無理かもしれないけどね。

その理想的な心理になるには、何度も乗り越えて1つ1つ経験を積み重ねるしかない。