モチベーションの波

統合失調症は体調的にも、気分的にも波が大きい。

モチベーションも同じようにアップダウンが激しい。

モチベーションが高いときには、神になったかの全能感でガンガン進めるときもあるが、いったんモチベーションが低下してしまうと、何もしたくない気分に侵されてしまい、1歩も進めないときもある。

断続でも継続

モチベーションの波が大きいということは、普通の人のように毎日何かを達成するというのは困難かもしれない。

無理をして頑張ることが出来たとしても、やがて反動がやってきて、全く出来なくなることも頻繁に経験してきた。

継続するのが難しかったら、断続でも大丈夫❗

断続でも長い目で観れば継続。

意識を向けていれば、そのうちにモチベーションが湧いてくるときもやってくるでしょう🎵

モチベーションは自然とやってくる

千代の富士
千代の富士

目標は向こうからやってくるもの

と、昭和の大横綱千代の富士が語っていた。

モチベーションは無理に引き上げるのではなく、その環境が整い、心の準備が出来ると、自然と高まるものらしい。

ボーッとしているときには、脳は20倍も働いている

モチベーションが低下しても、「何かをしなくちゃ!」というような焦りのようなものがあって心が休まることはなかった。

この状態はかなり脳を酷使している。

しかし、最近、「ボーッとしているときには、バックグラウンドで脳は20倍も働いている」ということを知って楽になった。

待っていればモチベーションは上がって自然と活動出来るし、何もしたくないときは脳が自己防衛的に休んでいて、バッググラウンドで脳の回路を再構築して、新たなる自分になるための準備期間のように捉えられるようになった。

そう思えるようになって、ストレスはかなり軽減されて、心にも生活にもゆとりが生まれてきたように思う。

ゆとりは更なるゆとりを生む。

コメント