統合失調症?の大文豪:夏目漱石

まだ統合失調症を発症する以前、高校生の頃、夏目漱石の「坊ちゃん」という小説を読んだ。

その頃は興味のある本は片っ端から読んでいたので、淡々と読んでいた。

でも、最後の章を読んだときに、

hoshu
hoshu

すげー❗

この人天才や❗❗

って感じたことがある。

夏目狂セリ

統合失調症になってから、夏目漱石も統合失調症ではないか?という記事を読んだ。

調べてみると、夏目漱石はロンドン留学中に、酷い神経症になって「夏目狂セリ」と日本に打電されたそうだ。

普通の神経症で「狂セリ」と表現するのは違和感がある。

夏目漱石も精神疾患で、おそらく統合失調症だったのだと思う。

当時は「精神分裂病」という名称で偏見は今よりも大きかったから、世間向けには「神経症」と発表していたのかもしれない。

夏目漱石が統合失調症でると思う根拠は、天才的な発想で繊細な小説。

統合失調症の繊細な感性を持たないと、表現出来ないような作品のように思った。

月が綺麗ですね

例えば、「I love you」をどう訳すか?との質問に

夏目漱石
夏目漱石

「我、君を愛す」とは日本人は言わない。

「月が綺麗ですね」とでも訳してなさい。

と、答える感受性の強さ。これも統合失調症の繊細な感性に裏打ちされているように感じる。

統合失調症というアドバンテージ

統合失調症って、一般的にはアドバンテージとはなりにくいと考えられているかもしれない。

でも、その繊細で純粋な感覚を表現出来るとしたら、天才的な発想と、大胆な行動力で、素晴らしい作品を創作出来る可能性があるかもしれない。

SEKAI NO OWARIのボーカル深瀬慧さんにも、似たような感性を感じるんだよね。

統合失調症?の芸能人 SEKAI NO OWARIの深瀬慧
芸能界で言えば、統合失調症で、その繊細で純粋でピュアな「才能」を発揮していると僕が想っているのは、SEKAI NO OWARIというバンドの深瀬慧くんだ。深瀬くんは、パニック障害で入院したと公表しているが、閉鎖病棟に入った経験があ...

タイトルとURLをコピーしました