統合失調症感情障害とは統合失調症に双極性障害もある場合

統合失調感情障害は、要は統合失調症に躁鬱の波が合わさったもの。

統合失調症で、双極性障害もある場合、二つ病名をつけるのではなく、統合失調感情障害と呼ぶ。

統合失調症になると気分の波が大きいから、双極性障害のようになり、好調な時は神になったかのような全能感で活動出来る時期もある。

その反動で、全く何も出来ない欝に近いような陰性症状が現れることがある。

しかし、双極性障害とは若干感覚は違うのかなとも自分は思っている。