あくまで個人的な見解です。
すべての人に当てはまるわけではありません。

詳しくは主治医や薬剤師などにご相談下さい。

睡眠薬の種類③ 非ベンゾジアゼピン系睡眠薬

非ベンゾジアゼピン系睡眠薬は、ベンゾジアゼピン系睡眠薬をさらに改良した睡眠薬。

1980年頃から使われるようになった。

ベンゾジアゼピン系は催眠作用(眠らせる作用)の他に筋弛緩作用(筋肉を緩めてしまう作用)があり、これによってふらつきや転倒が生じてしまうことがある。

特に高齢者はふらつきによって転倒してしまうと骨折して寝たきりになってしまう事もある。

この筋弛緩作用を少なくしてふらつきや転倒などの副作用を減らしたものが、非ベンゾジアゼピン系睡眠薬。

ベンゾジアゼピン系睡眠薬よりも安全性が高いため、処方される頻度も多い。

耐性や依存性は生じるが、ベンゾジアゼピン系と同程度か、ベンゾジアゼピン系よりも若干少ないと言われている。

ただし欠点としては非ベンゾジアゼピン系睡眠薬は、作用時間の短いものしかない。

現時点で発売されているものは全て超短時間型になる。

そのため、非ベンゾジアゼピン系は主に寝つきが悪いタイプの不眠(入眠障害)に用いられ、夜中に何度も起きてしまうタイプ(中途覚醒)にはあまり向かない。

代表的な非ベンゾジアゼピン系睡眠薬

・アモバン(一般名ゾピクロン)
・マイスリー(一般名ゾルピデム)
・ルネスタ(一般名エスゾピクロン)

睡眠薬は一時的な使用に留める

僕は発症以来20年以上睡眠薬で無理矢理眠っている。

特にベンゾジアゼピン系だから、断薬しようとして1ヶ月飲まなかったことがあるが、全く深い睡眠が取れなくなってしまった。

ベンゾジアゼピン系は離脱症状が激しく、普通は3ヶ月から6ヶ月も影響が残るらしい。

僕は長期服用だから、更に長い時間が掛かるかもと、半ば断薬は諦めている。

理想としては睡眠薬は短期的な使用に留め、睡眠環境を整えたり、生活リズムを見直すことで対応して欲しいな😢

睡眠環境を整える
以前は、睡眠環境のことは考えなかった。 ただ長い時間睡っていれば治ると思っていた。 しかし、睡眠環境を整え、良質な睡眠を取ることで回復は飛躍的に進む。
タイトルとURLをコピーしました