効果的に休むのも仕事のうち:全体の効率を上げる!

焦りがあったり、統合失調症にありがちな過集中のせいであったり、何かをしようと思うと寝食を忘れるほどに仕事に集中してしまうこともある。

感性的な脳力が必要とされる場合では、そのやり方でやると、神が降りてきて自分の身体を動かしているような感覚にもなる。

しかし、後から考えると、長時間同じことをし続けているから効率は悪くなるし、無理した反動で相当に辛い思いをすることになる。

もしかしたら芸術家だったらそれでもやっていけるのかもしれないが、残念ながら僕は芸術家ではないみたいだから(笑)

陰性症状のときは休むのが仕事

陰性症状のときは、とかく焦りがちだが、僕が以前書いていたブログ「統合失調症は治る病気です!」の読者からは「休むのが仕事と思ってゆっくりやすんだら陰性症状から回復した」とか「休むのが仕事というのは目からウロコが落ちました」というような嬉しい感想を数えきれないほどに頂いた。

効果的に休むのも仕事のうち

1日ずっと同じことをしていると効率は確実に悪くなる。

散歩したり、お風呂でゆっくりしたり、好きなドラマを観たりと、1日の内で効果的に休憩することも仕事だし、休日は旅行に行ったり、美味しいものを食べたり、効果的にリフレッシュすることも仕事のうちだ。

そうすることで全体的な効率は上がるし、仕事のし過ぎで気分が重くなることも防げる。

 

将棋の羽生善治が「公園で散歩して、ベンチに座り、ぼーっとして将棋のことを考えない時間を大切にしている」とインタビューで答えていたが、これも効果的に休養して、将棋に対する効率を上げているということだろう。

 

まとめ:休むのも仕事のうち!

1日の内で効果的に休むのも仕事のうち!
休日に効果的にリフレッシュすることも仕事のうち!