スポンサーリンク

しなければいけないことではなく、したいことに心を向ける

陰性症状が酷いときには「しなければならないこと」を考えるだけでも普通の人の理解を超えるほどのストレスが掛かり、その状態で何か「しなければならないこと」をするのは不可能に近かったりもする。

「しなきゃなぁ・・・」と心では分かっていても、結局何も出来ないか、出来たとしても多大なストレスを感じて、むしろ陰性症状が酷くなってしまうこともある。

また、苦手なことを無理にチャレンジすると、ストレスが強くかかり、それが陽性症状の再発・再燃の引き金となる場合もある。

統合失調症の仮説は100以上有るが、ストレスがいちばんの発症要因ということは疑いがないだろう。

そういうときには「すべきことは諦める」ことだ。

必要最低限だけこなし、後は「考えないし・行動しない」という意識と環境になると回復は早い。

 

陰性症状の回復は、まず短時間ならしたいことや興味があることが出来るようになる。

そこからもう少し回復すると、「1日中したいことだけして遊びほうけている」と周りの人からはみられがちな時期がやってくる。

そのときに看護する側がイライラしてしまって、「すべきことしなさいよ!」と怒られることも頻繁に起こる。

しかし、これは回復の一過程だから必要なことだと理解して欲しい。

その状態から回復して行くと徐々にしなければいけないことも少しずつ出来るようになる。

 

近道は、何か自然としたいことが心の中に芽生えるのをのんびりと待つことだ。

そして、すべきことではなくしたいことに心を向けると、それに付随することは今まで面倒だと思っていたことでも案外と簡単にこなせる。

しなければいけないことではなく、したいことに心を向けて1歩1歩回復していこう!