スポンサーリンク

ゆっくり休むことにストレスを感じなくなると回復は早い

統合失調症の疲れやすさは、脳の活動亢進だと思っている。

陰性症状の時期は、周りから観れば、「何もせずに寝てばっかりで・・・」と愚痴を吐きたくなるかもしれないが、内面では相当に葛藤し、悩んでいる。

その時期は3000m級の登山と同じような疲労感を感じていると聞いたこともある。

何も出来ない自分に罪悪感を感じたり、「このままじゃいけなのに・・・」と焦りを感じて無理をしがちで、脳は全く休めていないから脳にダメージを与えてなかなかに回復しない。

 

そういう時期に、何も出来ないときはゆっくりしよう、と思えるようになったら回復は早くなる。

何も考えずに温泉にのんびり浸かっているようなイメージで。

美味しいものを食べて、ゆっくりと眠る。

経験を積むと、罪悪感や焦りを持つことは脳に良くないと分かってきて、ストレスを感じずにゆっくりと休む感覚を掴めるようになる。

コメント