陰性症状が酷いときにはポジティブに触れよう!

陰性症状のときは、1人で悶々と考えても、思考はどうしてもネガティブな方向に向かいがちだ。

その時期は出来るだけポジティブに触れることが回復の近道になる。

ポジティブなブログ

僕自身調子の悪いときには、自分が書いたブログの記事を読むことで勇気づけられる。

ブログを開設した2012年当初は、統合失調症に関するブログは読んでいて気の滅入るようなものばかりだった。

それが辛すぎて、統合失調症をポジティブに捉える!という観点からこのブログの前身の「統合失調症は治る病気です。」を書いた。

統合失調症は治る病気です。
退院時「一生病院生活だと思っていた」とベテランの看護師さんに言われた程に状態は悪かったが、厳しい修行の末僧侶の資格を取得し、北京とウィーンで合計4年の海外活を経て現在では理想的に回復し完全寛解を感じている。 統合失調症は完治する才能だ!

その影響も多少はあってか、今ではブログランキングを観ても上位に来るのは、読んでいて勇気や希望が持て、爽やかな読了感のあるブログの方が多くなっている。

「統合失調症は治る病気です。」を読んで勇気づけられたという感想も多く頂いているし、LINEグループのメンバーが150名を超えて日本最大規模(たぶん 笑)なのも、全体的に前向きなグループだから居心地が好いのだろう。

陰性症状のときは仲間のがんばりが励みになる

LINEグループに参加されている方は、「ポジティブなブログ好いな!」と感じた人が多いからか、統合失調症に負けずに、本当に前向きに活躍されている方が多い。

陰性症状が酷かった人もいるが、皆ががんばっている姿に刺激されて、1歩踏み出した方もいる。

今まで笑えなかったのにLINEグループで通話するようになって、笑えるようになったという方もいる。

陰性症状のときには、なるだけポジティブと接することだ。

Lineグループのご参加もお待ちしています♪

陰性症状のときには、リアルで人と関わるのが困難かもしれない。

そういうときには是非LINEグループに参加して欲しい!

皆の集合意識がポジティブになると、現実もやがてはポジティブなものになっていくから!

https://schizo.love/?p=34