スポンサーリンク

お酒の席では自分なりの自己管理をみつけること!

お酒の席は楽しくて大好きだ。

でも、飲みすぎて翌日身体が辛くなったりもしがち。

僧侶の世界は案外と飲む機会が多いから、医師に相談すると、

自分に合ったお酒の飲み方をすれば好いよね。

というアドバイスを頂いた。

例えば、一次会で必ず帰るようにしたり、二次会ではお酒は飲まないことだったり、場が盛り上がっていても帰る時間は守るようにしたり、今日はこれだけしか飲まないと決めることだったり、翌日は積極的に休養を取ることだったり、2日連続で飲み会に参加しないことだったり。

僕はお坊さんだけど、九州では特に懇親会・2次会を大切にする。

講義では言えないような大切な学びがお酒の席では得られる。

と、活躍している大先輩は言っていた。

偉い人ほど肩肘はらずに飲み会の席では楽しい。

お坊さんとして活躍したいなら、肝臓が強くないとやっていけないよ。

という話や、「痛風になって一人前」というような笑えない格言もある。

活躍すると、いろいろな所に招かれて、もてなされて、美味しいものをいっぱい食べるからだそうだ(笑)

僕の場合は、お酒を飲む前には必ずヘパリーゼ プラス Ⅱを飲むようにしている。

翌日の辛さがかなり軽減される。

そして、お酒の席の翌日は、あまり疲れを感じなかったとしても、可能な限り休むことにしている。

そうすると身体のだるさは1日で抜ける。

お酒の席では自分なりの自己管理をみつけよう!

コメント