統合失調症を罹患しても多くの人が自立した社会生活を送っている

駅などで人混みにさらされると、こんなにたくさんの人がいて、統合失調症の発症率は1%だから、この中にもたくさんの人が隠れているのだろうなと感じることがある。

統合失調症当事者Lineグループ「すきゾ!」 でもしばしば話題になるのだけど、その発症率の高さの割には、統合失調症になった知り合いというのは案外少ない。

もしかしたら偏見が強くて隠しているのかもしれないし、状態が悪い人は引きこもっていたりするのかな?

統合失調症を発症してからの20〜30年の長期にわたる経過を調べた研究では、回復または社会的治癒に至る群は20〜30%、軽症群および中等症群がそれぞれ25〜30%、重症群が15〜25%との結果が出た。

ここでいう軽症群とは、症状は存在しているけれども日常生活に支障をきたさない程度。

したがって、回復または社会的治癒群と合わせると、統合失調症の人の約半数が社会的生活を問題なく営むことができていることになる。

近年、新しい薬剤が登場したり、リハビリテーションプログラムなどの心理社会的療法が充実してきており、自立した社会生活を送ることができる人は、ますます増えていくだろう。