スポンサーリンク

体調を万全にし心理的に好調だと陰性症状を感じにくい

陰性症状は、陽性症状でオーバーヒートした脳の反動でやってくることが多い。

陰性症状のときは、とかく焦りがちで、脳が十分にクールダウンしていない状態で無理矢理活動しがちだ。

しかし、無理してしまうと、脳のオーバーヒートはいつまで経ってもクールダウンしない。

 

だが、1度完全にクールダウンして万全の状態になると、自然と「動きたい!」「何かしたい!」という活力が湧いてくる。

その感覚を何回も経験すると、陰性症状であっても必ず回復するし、完全に回復してから活動した方が、結果早道だと気付く。

 

目の前に課題が10の力が必要だとすると、調子の悪いときには9の力で10のことをしないといけなくなる。

それでは、意欲も減退し面倒でやる気が出ない。

まず心身を万全にして11以上の力を得ると、面倒な気分はほとんど感じずに活動出来るようになる。

気分が重かったり、意欲が湧かないときは、単に疲れているだけかもしれない。

ポイント

体調を万全にして好調になるのを待とう!