スポンサーリンク

統合失調症と喫煙・禁煙:喫煙で状態が安定する場合もある

統合失調症者の喫煙率は80から90%であることが、いくつかの研究で示されています。統合失調症以外の精神科患者の喫煙率はおよそ50%であり、一般の人々のそれは30%ですから、これと比較して統合失調症者の喫煙率は極めて高いといえます。また、統合失調症者にはベビースモーカーが多く、しかもタール含量の多いタバコを吸う傾向があることも報告されています。

統合失調症がよくわかる本

僕もご多分に漏れず、ヘビースモーカーの部類に入る。

きつめのタバコを1日に一箱(20本)程度吸う。

3度目の入院の前は、

hoshu
hoshu

そろそろ禁煙しなくちゃなぁ・・・

と、漠然と考えていて、以前のように、

hoshu
hoshu

タバコは時間にもお金にも気分にもゆとりのある貴族のたしなみ🎵

というような感覚では吸えなくなって、タバコを吸っちゃいけないと思いながら吸うのはストレスになってしまっていた。

タバコを止めたのが再発の原因だとは思わないが、「統合失調症がよくわかる本」にも喫煙が何らかの自己治療的な作用があると推測されているとあったし、無理な禁煙は精神的にもあまり好ましいものではないのかもしれない。

喫煙で状態が安定する場合もある

統合失調症は無理に禁煙するより喫煙していた方が良い場合があるそう。

禁煙外来にかかりたくて問い合わせしたら禁煙によって病状が悪くなる場合があるから主治医の許可が必要との事ですが。

確かに病状悪化する人います、それでも禁煙して大丈夫というのであればいいですよ。病状悪くなったら禁煙をやめればいいんだから。

タバコと胃腸の不調

僕は慢性的な軟便・下痢に悩まされている。

胃腸が過敏で、ちょっとしたことでお腹の調子を崩してしまう。

コーヒーは朝一杯が限界だし、辛い食べ物を食べたり、深酒した翌日はほぼ確実にお腹は緩くなる。

最近は、歯の矯正が終わったこともあり、タバコを吸うと歯に悪いので、でも止めたくはないので電子タバコのicosにしてみた。

すると、胃腸の調子がみるみるうちに好くなってきたのに自分でもびっくり (゚Д゚)

タバコを吸うと胃腸の機能低下に繋がる

調べてみると、タバコは胃腸の機能低下や抵抗力低下に繋がるそうだ。

一般にタバコを吸うと血管が収縮し血行が悪くなると知られています。胃の血管も同じこと。胃粘膜には毛細血管がはりめぐらされていて、喫煙によりこの血流量が減ると胃粘膜は酸素欠乏を起こし、機能低下や胃粘膜の抵抗力低下につながります。

http://www.i-no-science.com/condition/factor/factor04.html

タバコを吸うと便意を催すけど

朝起きた後、タバコを吸うと便意を催し快便になることが多いという話は聞いたことがないだろうか?

僕もそれを感じていて、タバコは胃腸の調子を整えるのかと思っていたが、実際のところはそうではないらしい。

タバコを吸うと、私たちの体内ではニコチンの作用によって脈拍や血圧が上がり、全身の動脈が狭くなることが分かっています。これが、血管収縮が起こっている状態です。動脈を流れている血液が滞ると、全身に酸素が行きわたりにくくなるため、心臓を含む臓器は生命活動を維持するためにより活発に機能する必要が出てきます。
そして、重要な臓器である胃腸も例外ではなく、タバコを吸うと必要以上に活発になってしまい、便意をもよおすことにつながるそうです。

https://www.kinen.top/tabaco-toilet-beni/

そろそろタバコを止める時期

歯の着色も気になるし、タバコを吸うと胃腸の調子が悪くなると分かったので、そろそろ禁煙を本気で考えないといけない時期なんだろう。

もっと早くに禁煙出来ていたら好かったのかもしれないが、精神を安定させるという意味に於いては大変にお世話になったと思う。

今までありがとうと感謝して、次の段階に進むためにも、今年は禁煙がんばります👊

コメント