あくまで、個人的な見解のため、すべての人に当てはまるものではありません。
詳しいことは、主治医や薬剤師など、専門家にご相談ください。

ベンゾジアゼピン系睡眠薬(フルニトラゼパム)の断薬失敗:離脱症状がキツい❗❗

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬(フルニトラゼパム)は、発症してからずっと服用している。

でも、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は、欧米では処方が厳しく制限される麻薬のような扱いで、日本のようにお気軽に処方されることはない。

そういうことは以前から知っていたけど、今回は時間的にもゆとりがあることと、体調も整ってきたので断薬しようと思った。

しかし、あまりにも離脱症状が辛くなって、断薬は一時中断しようと思っている。

睡眠薬の種類② ベンゾジアゼピン系睡眠薬 依存性と耐性 断薬を成功させるためには?
ベンゾジアゼピン系睡眠薬は、1960年頃から使われるようになった睡眠薬。バルビツール酸系睡眠薬の危険性が指摘されるようになり、「もっと安全な睡眠薬を」という要望から開発された。ベンゾジアゼピン系睡眠薬は、ほどほどの強さを持っていて安...

反跳性不眠

統合失調症Lineグループ「すきゾ!」 でフルニトラゼパムの断薬から睡眠薬の断薬を成功させて、今では睡眠薬無しで眠れるようなった方の体験を参考にしてみた。

まず、フルニトラゼパムの処方をやめて、ベルソムラとロゼレムという比較的安全性の高い睡眠導入剤を服薬した。

ベルソムラがあると長い時間睡ることは出来るのだけどスマートウォッチ FitBit Charge 4で睡眠モニターすると深い眠りの時間が極端に短くなくなってしまった。

これは、フルニトラゼパムを断薬して、1ヶ月後の睡眠モニター。

以前なら2時間程度は深い睡眠があったのだが、全く深い睡眠がない日もある。

以前と比べると一目瞭然❗❗

hoshu
hoshu

どれぐらいで安定しますか?

主治医
主治医

もうそろそろ安定してくると思うけどね・・・。

と、前回の診察で言われた。

ただ反跳性不眠が改善される気配が一向にないし、その他にもフルニトラゼパムの離脱症状が出てしまって、次の診察からは一時的にフルニトラゼパムを復活してもらおうかと思っている。

ベルソムラの副作用「悪夢」睡眠を浅くする可能性

僕は「悪夢」はないが、ベルソムラでは長いストーリー性のある夢を毎日観るようになった。

ベルソムラが朝まで残るという人もいるし、モニターの結果から、もしかしたらベルソムラは長時間効果があって、人によっては睡眠が浅くなる可能性があるようにも感じている。

睡眠薬の種類⑤ オレキシン受容体拮抗薬 ベルソムラは向精神薬に指定されていない
寝付きをよくし、夜間の睡眠を持続させる薬です。オレキシンは覚醒に関係している物質。そのためオレキシンが欠乏すると脳波覚醒を保持できなくなり、眠くなってしまう。実際、ナルコレプシーという疾患は別名「眠り病」とも呼ばれているが...

ロゼレム

ロゼレムは睡眠導入剤というより、体内のメラトニン受容体に作用して睡眠リズムを整える効果があり、毎日決まった時間に服薬すると、次第に眠るリズムが生まれるそうだ。

これは作用機序を考えるとサプリメントのメラトニンで代替できそうだから、今度はベルソムラ20mgとフルニトラゼパム2mgをお願いしてみよう!

睡眠薬の種類④ メラトニン受容体作動薬 ロゼレム(ラメルテオン)は自然な眠りを誘う
メラトニン受容体作動薬 ラメルテオン(ロゼレム)私たちの脳は夜になると、視床下部という部位からメラトニンというホルモンを分泌する。これが脳の視交叉上核にあるメラトニン受容体に作用すると私たちは自然な眠気を感じ、眠りにつきやすくなる。...

反跳性不眠から睡眠リズムの乱れ

スマートウォッチ FitBit Charge 4でモニターすると、深い眠りが2時間ほどあれば、睡眠に関しては不満はなく、日中も活動的に過ごせる。

しかし断薬期間は睡眠時間が充分でも深い睡眠が全くないときもあり、日中睡眠不足でボーッとしてしまい、辛いから服用を守れず睡眠薬を飲んで、時間があれば眠るようにしていた。

すると、今まである程度体調を整えて生活リズムも順調だったのだけど、乱れてしまった。

生活リズムが急に乱れると、食欲はなく胃腸の調子も悪くなってしまった。

精神安定効果がなくなる

フルニトラゼパムと安定剤は従兄弟のようなものだから、辛いときに頓服としてフルニトラゼパムを飲むのも大丈夫だよ。

と、主治医に言われて、辛いときにはフルニトラゼパムを1/4に割って0.25mgを飲んでいた。

すると!

あれほど辛かった頭が麻痺するのか、ほとんど辛さを感じなくなる。

デパスなどの安定剤は使用していたこともあるが、飲んだ直後は気分を無理矢理安定させるのだけど、薬の効果が切れると、飲む以前よりもずっと辛くなり、簡単に断薬出来た。

その経験があるから、

hoshu
hoshu

同じベンゾジアゼピン系の薬だからフルニトラゼパムも断薬は簡単だろうな🎵

と、楽観的に考えてたのだが、そうでもなかった。

 

逃避的にベルソムラやロゼレムを安定剤のように使おうと思っても、ボーッとして「何もしたくないですぅ。寝まちゅ T_T」というような気分になって、精神安定効果は全くないし、深い睡眠がないからか、ボーッと何もせずに時間をダラダラと過ごしていた。

辛いときにはフルニトラゼパム0.25mgの頓服がないというのは、精神的にかなり厳しくなる。

フルニトラゼパムの依存性

ベンゾジアゼピン系は強い依存性がある。

ベンゾジアゼピン系を長期的に飲むことは、アルコール中毒に似ているところがある。

普段ろれつが回らなかったり、手が震える程のアルコール依存症の患者も、アルコールを摂取すると手の震えがなくなる方もいる。

同じように、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬の効果が切れると、頭はボーッとして集中力がなくなり、活動的なことは何一つ出来なくなる。

まとめ

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は、その離脱症状の辛さを考えると、なかなかに難しい。

服用している時間が短い人なら断薬も僕ほど難しくはないかもしれない。

これから断薬を目指してみる。

まず今回の反省として、お守りのようにフルニトラゼパムを頓服でもらって、どうしようもないときにだけ飲んで、量を減らしていくことを考えようかと思っている。

スマートウォッチ関連リンク

睡眠に問題がある方は、睡眠モニター出来るスマートウォッチを使って、睡眠リズムを整える一助として欲しいな🎵

\睡眠に悩んでいる人や生活リズムを整えたい人におすすめ!/

 スマートウォッチの記事