統合失調症:認知機能障害のリハビリ

認知機能障害は徐々に回復していく。

ちょっとずつ出来ることが増えてきたら、まずは自分が好きなことから初めて、色々なやり方でリハビリをしていくと回復が早くなる!

認知機能障害のリハビリ

リハビリで僕が効果があったと思うのが、まず日記を書くことだった。

日記を書くことの功徳

病気になる前から今までほぼ毎日日記を付けている。

日記を書くと好いのは、まず考えて書くこと。

次に毎日の反省と明日の目標を立てられること。

日記を寝る前に書くことで生活リズムを整えるのに役立つこと。

更には「ずっと同じ状態が続いて一向に好転しない・・・」と感じていた時期に日記を見返すと、「そういえば1年前よりは成長してるな・・・。」「1ヶ月前よりは・・・」と比較して確実に回復している自分の足跡を辿ることが出来ることなどだ。

書く人が好きな人はブログを書くのも好いかもしれない

書くことが好きな人は、ブログを日記替わりにしても好いかもしれない。

ブログだと観てくれる人もいるから、個人的な日記よりも文章を考えて書くことになるから頭のトレーニングにもなる。

またブログに対するコメントなどに返信したりするのも、コミュニケーションを取るちょっとしたリハビリとなるかもしれない。

それに将来は広告を貼って、お小遣い程度は入るようになるかもしれない。

夢は広がるね!

ゲームアプリ

確かに好きなことに没頭していると割と認知機能障害自体を忘れていたりしますね……。
私は好きなことがクリエイティブ趣味ばかりであまりリハビリにならない気がするので、無理ない範囲で暗算や詰将棋を解く脳トレもしてます。脳は結構疲れますが、記憶力や判断力は改善されてきています。

暗算アプリ

‎Ninimaths 暗算アプリ
‎暗算の能力を鍛えるアプリです。 計算問題をひたすら解きましょう。 特徴: - たし算、ひき算、かけ算、わり算、ミックスの5つのモードから選択可能 - 1桁〜5桁の数を自由に組み合わせ可能 - 筆算形式での表示に対応 - 各モードごとに毎日のスコアを記録しグラフに表示 - Game Centerによるランキング機能

将棋アプリ(初心者向)

‎将棋アプリ 将皇(入門編)
‎「将棋アプリ将皇」を初心者向けにした将棋の入門アプリです。将皇が難しすぎると感じた方にぜひプレイして頂きたいです。 本アプリでは以下のモードが使用できます 将棋のルールや基本的な攻め方・守り方などを解説します。ユーザと将皇が対局した棋譜を使って1局全体を解説するモードもあります。 実戦対局を行うモードです。...

大人の塗り絵

Lineグループで一時期流行したのが、「大人の塗り絵」シリーズ。

絵を描くことが好きな人には、認知機能障害のリハビリに最適かもしれない。