統合失調症と掃除・整理整頓

陰性症状や認知機能障害が酷くなると、掃除や整理整頓が出来なくなることもある。

ちょっとした整理整頓をしようと思っても、ストレスが大きすぎて、机の上はドンドン書類が積み重なってしまい、部屋は埃まみれの汚部屋になる・・・。

職人の世界では「掃除が出来て一人前」という言葉があるぐらいだから、掃除や整理整頓はそれだけ難しく、かつ重要なことだということだろう。

整理整頓・掃除してない部屋はストレスとなる

ウィーンで生活をしているときに、隣に100歳のおばあちゃんが一人暮らしをしていた。

家に招かれて行くと、まぁモノがなく、掃除もびっくりするぐらい行き届いている。

モノがないと、余計なストレスを感じないから長生きになるのかなと感じたことがある。

 

逆にウィーンでアーティストのアシスタントをしていたから、彼の部屋の汚さに驚愕した。

まず、捨てることを知らない。

いつか必要となるからと、すべてを保存している感じだった。

重要な書類などを探すことになると、「どこかにあるから頑張って探そう!」と何日も探す羽目になったり。

あまりにも酷かったので、アシスタントとして部屋の掃除から始めた。

大変な仕事だったが、きちんと整理整頓すると、必要なモノは簡単に見つけられるし、作業の効率も上がって、効果大だった。

またモノが少ないと探す必要がなくなる。

だって、もともとないのだから(笑)

掃除・整理整頓は少しずつ

状態が好くなって少しずつ動けるようになって、掃除や整理整頓しようという気分になったら、いきなり完璧を求めるのではなくて、少しずつやっていけば好いと思う。

毎日10分がキツかったら、毎日1分でも好い。

それだけでも段々とキレイに効率的になるし、スッキリした環境はスッキリとした気分にも繋がりやすい。

掃除と整理整頓に参考になる本