統合失調症の初期では自分に合った薬を探す

統合失調症の薬は「出来だけ飲みたくない」という人も多いかもしれないが、薬が合うと自分でも驚くほど調子が好くなることが多い。

逆に副作用がキツすぎて状態が更に悪くなることだってある。

統合失調症になりたての頃は、自分に合った薬を医師とコミュニケーションを上手にとりながら探すことだ。

自分に合った薬を探す

僕の場合、あまりにも状態が辛すぎて、薬の情報をネットで調べて、先生に相談して変えてもらうことから始まった。

今では、主治医から、

今日はどの薬を持っていく?

と、聞かれるようになった。

ロヒプノールからハルシオンへの変薬

初回、退院した直後は重たい身体を動かすことが出来ず1日に20時間眠ることもあったほどだ。

あまりにも辛かったので、ネットで調べて睡眠薬をロヒプノールからハルシオンに変えて貰った。

するとあれほど辛かった心と身体の重たさがスッと抜けて、活動出来る時間が増えていった。

このときに、薬は医師のいいなりになるのではなく、自分でもきちんと調べないといけないと感じた。

変薬はリスクが大きい

ジプレキサで安定していたのだけど、「もっと良くなりたい。もっと合う薬が欲しい。新薬を試してみたい」と感じることもあった。

実際に新薬のシクレストやレキサルティを試して、状態が悪くなってしまったことがある。

変薬して調子を崩すと、調子を元に戻すのに数ヶ月掛かってしまうこともある。

ある程度安定していたら、変薬はリスクが大きいことも考えなければいけない。